バーバーが教える!「パーマを長持ちさせる」3つの方法

HAIR STYLE

バーバーが教える!「パーマを長持ちさせる」3つの方法

こんにちは、CHILL CHAIRの小玉です!

パーマをかけた後って「どのくらいパーマがもつのか」気になりませんか?

例えば、

  • パーマをかけるなら長持ちさせたい
  • パーマをかけてもいつもすぐとれる

という方が多いのではないでしょうか?

せっかくパーマをかけるなら長持ちさせたいですよね!

そこで今回は、

パーマを長持ちさせる3つの方法

をご紹介いたします!

「パーマを長持ちさせる3つの方法」

 

1、髪質が重要

結論から言うと、髪が太くて硬い方がよくかかります。

髪が細くて柔らかい髪の毛の方がパーマがかかりそうな感じですが、同じようにかけてもとれてしまう可能性が高いです。

あとは、もともとの髪のダメージが少ないほどパーマがとれやすいです。

 

2、パーマ当日は洗ったり髪を引っ張らない

かけたばかりのパーマはかなりデリケートで不安定な状態です。

なので、パーマ当日はお風呂に極力入らない方がいいです。

パーマが取れる一番の原因として、髪のダメージがあります。

市販のシャンプーは洗浄力が強い物が多いのでパーマは長持ちしません。

 

3、アミノ酸シャンプーで洗う

パーマ後のシャンプーで大事なのは、

「優しい洗浄力で優しく洗うこと」

です。

余計な皮脂や汚れだけを落としてくれる程度の、

マイルドな洗浄力をもったシャンプーを使用することで

髪への刺激が少なくなります。

そこで最も有効的なのがアミノ酸シャンプーです。

アミノ酸シャンプーはベビーシャンプーにも使用されてるぐらい

優しい洗浄成分でできています。

 

いかがでしたでしょうか?

今回はパーマを長持ちさせる3つの方法を紹介しました。

パーマのもちの1つの目安としては、短い人で2ヶ月、長い人だと半年もちます。

もちろんこれより短い期間でとれてしまう人や、これ以上長く持つ人もいるので、あくまでも参考程度にしていただければと思います。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

CHILL CHAIR 高円寺南口店

小玉 悦史