整髪料の特徴と仕上がりの違い

HAIR SET

こんにちは。高円寺北口店の志村です!

今回は、セットの際に使う整髪料の特徴と仕上がりの違い紹介します。

整髪料にはそれぞれ特徴があります。

例えばジェルならツヤ感を出し、髪の毛が硬い方でもしっかりと抑えることができます。

 

ただある程度髪の長さがありセンターパートなどの前髪を下ろすスタイルだと自分が動いた時に髪が動かないので、不自然感があり特別がっちりと固めたい、髪の長さがありセットがいらないという場合は、ムースやオイルなどがオススメです。

次にワックスですが、一般的に使われることの多いワックスも          ツヤを出し毛束をまとめて動きを出すもの、ツヤを出さずに整髪料を使っていないような質感で仕上げられるものがあります。

基本的には整髪料自体が柔らかいので髪に馴染ませやすく、セット力もあります。 先ほど紹介したジェルのようにがっちりとは固まらずセットできるのでどのシーンでも使うことができます。

お客様からよく聞くシャンプーでの落としづらさが難点ではありますが髪の根元付近に量を多く付けない、ワックスを落としやすいシャンプーに変えるなどで対策をしてください!

 

最後にグリースですが、分かりやすくいうとワックスとジェルの中間のようなものです。

セット力も十分ある

ジェルのようにがっちりと固め過ぎない

水分を多く使っているのでシャンプーで落としやすい

 

というのが特徴です。

バーバースタイルのオーダーが多い僕らは基本グリース(ポマード)を使います。

 

イメージ的には、

柔らかい雰囲気でセットしたい場合は、ワックスやオイル

髪が硬くて跳ねやすい、ツヤを出しがっちりと固めたい場合は、ジェル

程よくツヤを出し、がちがちに固めない+落としやすさはグリース

という感じで整髪料を使い分けています。

 

なんとなくこの整髪料を使っているという方も、自分の髪質や生活に合った整髪料を見つけてもらえればと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました!

バーバーショップ(床屋)CHILL CHAIR 高円寺北口店

志村 龍